日々の体重測定と食事内容を記録すると痩せられる?!デメリットも【実体験】

今回は、日々の体重測定と食事内容を記録すると痩せられる?!デメリットも【実体験】という内容でお話したいと思います。

前の記事はこちら↓

水を意識して飲むことが痩せポイント!ダイエット中飲んで良いもの悪いもの

 

基本的にダイエットは自分との戦いです。

ただ1人で黙々と続けているストイックさは私にはありませんでした。

どうしても甘えが出てしまったり、まぁいっか…と妥協が出てしまったり。

どこにも監視の目がないと、人ってそうなりがちですよね。

 

その部分を改善するために、SNS等での体重や食事内容の報告はとても効果的です。

私もツイッターで食事や体重の記録をつけていました。

どうしてそれが継続して痩せることにつながったのかお話ししたいと思います。

広告

痩せた方法:毎日体重を測定する

必須では無いですが個人的にはお勧めです。

レコーディングダイエットなども一時期流行りましたよね。

毎日体重を測定することでちょっとした変化に気づくことができます。

ただし、そのちょっとした変化に振り回されることも考えられます。

あまりにも毎日体重を測定しなきゃ…と、それがストレスになるようであればやめてもいいと思います。

 

私が使っている体重計「Withings Smart Body Analyzer」はスマホと連携していて、体重を測ると自動的にスマホに測った体重が送られるネットワーク機能が付いています。

Withings ウィジングズ WBS05-BLACK-ALL-JP 体組成計 Body+ ブラック [スマホ管理機能あり][WBS05BLACKALLJP]
created by Rinker
¥12,020(2020/07/08 16:35:39時点 楽天市場調べ-詳細)

1万円オーバーと少しお高めですが、体重の管理がとても楽で重宝しています。

ユーザーを追加すれば、家族ごとにそれぞれ管理できるので家族全員で共有して使えます(最大8名)。

これなら毎日体重計に乗るだけで、その後の面倒な記録が必要ないんです。

広告

痩せた方法:体重測定結果や食事内容をSNSに載せる

SNSおすすめはツイッター

お勧めのSNSはツイッターです。

ツイッターを実際に見ていただくと分かるのですがたくさんのダイエッターさんがいて、励ましあいながらダイエットを続けています。

どうしても自分との戦いであるダイエットには孤独がつきものなのですが、ツイッターでダイエット仲間を作ると孤独感も感じず減量した喜びなども分かち合うことができます

激励コメントでモチベーションUP

体重が減って「底値更新!」と言うツイートをすれば、いろんな方から「おめでとう!」と言う言葉をもらえてモチベーションを保つことができます

また料理の腕に自信がある方や、逆にこんな食事でいいのかなぁ〜と悩んでいる方などは食事の写真を載せると良いと思います。

写真に対していろんな人のコメントやアドバイスがもらえて、食事自体を改善していくこともできます。

ダイエット仲間がみつかる

世の中にはいろんなダイエット方法がありますが、同じダイエットをしている仲間を見つけることも簡単です。Twitterで言えば、#〇〇といった「ハッシュタグ」といわれるものを検索すればそのタグをつけてつぶやいている人を検索することができます。

例えば、今低糖質ダイエットをしていると言う方は「#低糖質ダイエット」と言うハッシュタグで検索してみたり、「#ダイエット垢と繋がりたい」と言うハッシュタグで検索してみると、たくさんのダイエッターさんが見つかると思います。上の2つのハッシュタグを押すと実際にツイッターにジャンプします。

広告

SMSでの体重や食事記録でのデメリットも…

ツイッターで体重や食事の記録をする良い面ばかりを上げてきましたが、もちろんデメリットもあると思っています。

体重を晒すの恥ずかしい…

これに関しては、心配ありません。

もし今ツイッターのアカウントを持っている方は、それとは別にもう一つダイエット専用のアカウントを作ればいいんです。

ツイッターのアカウントを持っていない方でも、アカウントは簡単に作れますし個人情報は全く表に出さずにSNSをすることができますので恥ずかしく思う必要はありません。

ツイッターにはいろんなレベルのダイエットさんがいますので、そんなに恥ずかしいと思わずにぜひ仲間を作ってみてください。

もしそれでも抵抗がある方は、身長は書かずに体重だけを記載する、〇キロ減らす!と目標だけを記載する、など記載する内容を工夫をすれば恥ずかしさも減ると思います。

その恥ずかしさよりも、仲間ができるメリットの方が何倍も大きいですよ!

書き込み自体が負担になる。

毎日のルーチンの中に組み込んでしまえばそんなに食では無いのですが、それでも毎日のことになりますのでどうしても負担になってしまう可能性もあります。

私はもともとそんなにマメな性格ではないので、3ヶ月で10キロ痩せるところまで行ったダイエット用のアカウントに関しては今はもう書き込みをしていません。

面倒だと思ったり、目標体重まで行ったらやめてしまってもいいと思います。

情報量が多すぎて情報迷子になることも

 ツイッターの世界にはダイエットの本などを書いていらっしゃるお医者さんや先生がたなどもたくさんいます。

自分がやろうと思って決めたダイエットではないダイエットの情報も目にしたりします。

そうすると今自分がしているダイエットはちゃんと合っているのかな、正しいのかなと迷ってしまうこともあります。

お医者さんや先生によっても推しているダイエットはそれぞれなので良さそうだと思ったところは取り入れたりしていけると良いのですが、たくさんの情報が入りすぎると何を選択していいのか分からなくなってしまうこともあります。

誹謗中傷をする人が稀にいる

自分が調べてそれなりにいいと思うダイエットに、皆さん取り組んでいると思います。

それを頭ごなしに間違っているとか、そんなんじゃ痩せるわけないとかひどい言葉をかけてくる人も稀にいます。

アドバイスとかではなく攻撃的な書き込みには基本的には取り合わない、というスタンスで良いと思います。

広告

 SNSでの情報共有はデメリットもあるが仲間を作ればモチベーションを保てる

いかがでしたでしょうか。

 

日々の体重測定は細かい変化に気づくことができ、食べすぎたら次の食事で調整したりする目安にできます。

SNSでの体重や食事内容の記録は、メリットとデメリットの両面ありますが個人的にはとてもオススメな方法です。

 

私も実際3ヶ月で10キロ痩せた期間はTwitterでダイエット用のアカウントを作って書き込んでいましたが、そのおかげですごく頑張れたし続けることができたと思っています。

皆さんもうまくSNSを利用してモチベーションを保ってダイエットに励んでみてください。

 

現在私は「だいふくもち」というキャラクターのアカウント(@lowcarb_life)でブログの更新情報やダイエットに役立つ知識などを発信しています。

語尾に「~もち」がつく、かわいいハムスターのキャラクターなのでぜひフォローしてみて下さい!

だいふくもち
よろしくもち〜!

 

以上、日々の体重測定と食事内容を記録すると痩せられる?!デメリットも【実体験】でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

広告